カルシウムを運ぶビタミンD

■ ビタミンDの働き

ビタミンDの働きはカルシウムと密接な関係があります。

まず骨に大切な栄養はカルシウム!
ではそのカルシウムを骨に送っているのは!?

実はビタミンDなんです。

食べ物から得たカルシウムを吸収し、
そして骨に届けてさらに骨に固まるまでを助けるんです。

もちろん歯を丈夫に保つのにもビタミンDは必要なんです。

■ ビタミンDを含んだ食べ物

しめじ、まぐろ、さば、鮭、たまご。

■ ビタミンDの不足によって起こる体の不調

骨粗鬆症、、骨が弱い、歯が弱くなりやすい。

■ こんな方はビタミンDをとろう!

ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける作用があります。
カルシウムと一緒にとってみてはいかが?さらにいい骨が出来ますよ!

■ つみれから一言

ビタミンDには骨を強くするカルシウムを助ける働きが大きいんですね。
ちなみに今の子供達は骨が折れやすいそうです・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする