食品添加物の危険性とその便利さ

最近テレビで、食品添加物を取り上げたコーナーがあったんですけど、凄く興味深いものでした。

そのコーナーでやっていたことは、”とんこつエキス”って言う添加物を使って、奇妙なスープを作ることです。

簡単に言ったら、薬品でとんこつスープ作ってみたり、薬品からイクラ作ってみたりすることです。

”こんな簡単にイクラが出来るの・・・!?”って思っちゃいました。

何か、スポイントみたいな物で、赤い薬品を吸い取って、それを水かそれに近い物の中に入れたら、”アッ”と言う間に、イクラの完成です。

ちょっと驚きで、ちょっと気持ち悪い感じ。

確か、食品添加物のエキスパートと呼ばれた安部司さんと言う方のコーナーだったと思います。

他にも、コーヒーとかの横に、小さいカップのミルクあるでしょ?

”あれって原料はミルクじゃないよ”っとか言って、”あれって、水とサラダ油と添加物で出来るよ”っとかこれを聞いてまたビックリ。(全部がそうじゃないらしいけどね)

後は、ハムとか漬物とかは添加物漬けで出来ているとか、ミートボール何てもっと酷かったですね。

何かこう、くず肉の塊に添加物を混ぜてミートボールの完成だとか。(正確に言うと添加物ボールじゃん)

さすがにちょっとそれ聞くと気持ち悪かったです。
もうね、なんかご飯食べるのが怖くなりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする