美味しい 「広島風お好み焼き」 のレシピ

美味しい 「広島風お好み焼き」 のレシピ

広島風お好み焼きの完成予想図です。

 

広島風お好み焼き

 

■ 準備する物 

 

お好み焼きの粉
豚肉細切れ・・・50グラム
山芋・・・50グラムくらい (2006/5/15追加)
たまご・・・2個
うどん・・・1玉
お好み焼きソース、
もやし、キャベツの千切り、天カス、塩、こしょう、削りかつおぶし。

 

 

■ 作り方

 

1 まず、お好み焼き粉をボールに入れて、水で溶いていきます。

 

ポイントは粉っぽくない方がいいので、サラサラした水状になるくらいまで、水を入れます。

 

このときに、山芋をすりおろしたやつを、50グラムくらい入れるとさらに美味しくなります。

 

2 次に、鍋に水を入れて沸騰させ、うどんを入れてほぐす感じでいいので、頃合を見てざるにあげます。

 

3 熱したフライパンにサラダ油を引き、1で作った生地を丸い形を作るように、流し込んでいきます。

 

4 薄っすらきつね色になったら、生地を1度ひっくり返してその上にたまごを1個割り、黄身と白身が混ざってもいいので、丸く形を作ります。

 

5 丸く広がったたまごの上に、キャベツの千切り、もやしをのせてさらにその上に、豚肉の細切れ、天カスをのせ、塩、こしょうを軽くふります。

 

このときのポイントは、1で作った生地を豚肉、天カスの上から、全体に少しかけてあげましょう。

 

ただしかけ過ぎると粉っぽくなるので、注意が必要です。

 

6 ここが最大のポイント、思い切ってひっくり返します。

 

失敗してもいいのでフライ返しを使ってひっくり返します。

 

ひっくり返ったら、フタをしてしばらく焼いていきます。(2分〜3分)

 

7 焦げ目が少しついてきたら、1度お好み焼き全体をお皿の上に取り出し、フライパンを空の状態にします。

 

空のフライパンの上にたまごを割って、黄身、白身が混ざっていいので、丸い形を作って、その上にうどんを入れましょう。

 

出来たら、そのうどんの上にお皿に取り出したおいた、お好み焼きをのせなおして一緒に焼いていきます。

 

全体に火が通ったら完成です!お好みで、かつおぶしなどを散らしてみたら、また格別に美味しいと思います!

 

■ 今日の一言
お好み焼き屋で作っている風景を思い出しながら作ってみました。

 

基本的に、お好み焼きの生地はあまり使いません。

 

作りすぎて上から全体にかけ過ぎると、火が通らなかったとき粉っぽくなり、美味しくありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク